11月の白物家電出荷額、2カ月連続マイナス 前年の反動で

日本電機工業会(JEMA)が20日発表した11月のエアコンなど白物家電の国内出荷額は、前年同月比11.1%減の1633億円だった。減少は2カ月連続。前年に省エネや高付加価値製品に対する買い替え需要が活発だった反動が出て、主要製品が軒並みマイナスとなった。 品目別では電気冷蔵庫が217億円と32.2%減った。